お金を借りた相手から、何の返済の催告もなく時が過ぎました。

ある日突然、「早く払って下さい」と。

しかし、既に長い期間経過しています。

ひょっとして、時効かも知れない…

ある期間過ぎていましたら、「時効なので払わない」と主張することができます。

消滅時効を援用するといいます。

金融機関からの債務は5年、私人間の貸し借りは10年で、消滅時効を援用できます。

時効を援用してみませんか?



放っておいたら怖いのが金融機関への債務

ずっと放っておきました。ある日、借りたところではない会社から手紙が届きました。

債権が譲渡されましたら、通知する義務がある旨、法律に書かれています。

借りたお金より、遥か多くの金額にまで膨れ上がっています。

 

 「今後は、こちらに返済プラン等のご意見を下さい」やら、「今ならこの金額まで減額します」と書かれています。

この債権、放っておいたらとんでもないことになります!

まず、1円でも返済しますと、時効が中断します。簡単にいいますと、時効がリセットされます。

仮に、10年間放っておいたとしましょう。1円でも返した段階で、その時点から時効がスタートします。つまり、あと5年(または10年)後でないと、消滅時効の援用ができません。

また、返済する意思表示をしますと、同様にリセットされます。

「じゃあ、放っておくのが一番だ!」

 

ある日、裁判所から手紙が届きましたら、とんでもないことになります。

膨れ上がったお金を返さないといけないでしょう。

最終的には、差押え等になることも予想されます。

 


消滅時効の起算点と期間

◇私人間(Aさんに貸した等)のお金の貸し借り

 貸した日から10年です。途中、催告すれば、時効は中断(リセット)します。

 

◇消費者金融(サラ金)やクレジットカード会社

 最終取引日から5年

 ※途中、返済の意思表示をしましたり、裁判所から届く書類次第では、時効が中断されます。

 

◇その他の場合

 かなり複雑ですので、随時内容をお伺いし、判例等と照らし合わせ、確認しています。単純ではございません。


時効援用のメリット

借りていたお金を返す必要がなくなります。

時効援用のデメリット

友人関係が壊れる可能性が高いです。

過去に借りたけど忘れてしまっている場合

こういったケースが案外多いです。

過去、消費者金融やクレジットカードでお金を借りたり、キャッシングやカードローンを行った記憶はあるが、一体どの会社なのか、いつだったのか覚えていない場合には、個人信用情報機関(JICC、CIC、KSC)に信用情報を開示請求して下さい。

これは、あなた個人の情報のため、私たちが開示請求できません。

思い当たる場合には、急いでご対応下さい!

上記、時効援用をご依頼頂くのか、放っておかれるのかを選ぶかはあなた次第です!

注意点は、時効が中断していないかどうか!


大塩行政書士法務事務所の格安内容証明(3,780円~)にお任せ下さい!

大塩行政書士法務事務所

行政書士 大塩博史

〒550-0011 大阪市西区阿波座2-4-3 坂本ビル202

TEL:06-6585-9548

URL:http://www.oshio-gyosei.jp/


格安時効援用のお問合せ、お申し込みは、下記ボタンをクリック!


日本全国から、日々たくさんの格安内容証明ご依頼を頂いております。

YahooやGoogleで「内容証明 安い」「内容証明 格安」「内容証明 激安」「内容証明 日本全国」と検索して頂きますと、有料広告の上位表示を除き、1位で表示され続けています。Googleですと、最下段の関連する検索キーワードに、大塩行政書士法務事務所と表示されています。アクセス数がとんでもない証拠です。結果、日々たくさんのご依頼、お問合せになっています。

御礼の言葉も多く頂いており、別件での格安リピートも多いのは、安いからといって手を抜かず、スピーディーに対応しているからです。

大塩行政書士法務事務所の格安内容証明サービスで、消滅時効を援用しませんか?

お問合せにつきましても、上記ボタンをクリックして頂きますと、フォームが表示されますので、そちらにご入力下さい。